MENU

ココを抑えておけば査定がプラスに

車を売却するときには、必ず査定を行ってその車の価値を判断します。査定を行うのは査定士という人たちで、日本自動車査定協会が主催している試験に合格をした人たちです。
査定士は買取業者や中古車販売店のスタッフ、そしてディーラーのセールスマンでも査定士として認定を受けている人がいます。

 

次に仙台の車査定ではどんなところをチェックされているのかを説明します。それは外装や内装だけでなくエンジンやブレーキ系統、電気系統、サスペンションといった所になります。
このように専門の知識を持っている人でないとなかなか見分けのつかない部分になります。
年式に応じて標準的な状態を決められていますので、それを基準にしながら各部の状態を見て劣っていればマイナスのポイントなって査定の価値が下がるというシステムになっています。また改造車も減点対象になることが多いです。

 

それとは逆にプラスになる部分もあります。これらは主にオプションとか装備品とかでサンルーフやサイドエアバック、ディスチャージヘッドランプ、アルミホールなどです。
こういったものが付属されていると状態により査定額はプラスアルファになるようです。
他にも古い車なのに走行距離が相対的に少ないとか、車検の残り期間が多くあるなども多少のプラスポイントとなります。

 

キズはへこみなどは基本的に修理に出さない方がよいです。これはそのことにより修理費以上に査定額や高くなるということはありえないからです。
ただ自分でコンパウンドなどを使って補修する程度であればやっておいても損はないです。

 

さていかがでしょうか?査定ではこのような事柄をチェックされるということです。
もし将来仙台で愛車を高く売りたいという希望があるのなら、今からしっかりとメンテナンスをしたり大切に扱ってあげることが大切になります。

 

査定でプラスアルファを得るために関連ページ

売る時期を見極める
中古車の相場というのは、刻一刻と変動しています。そしてその相場が車種や特定のシーズンに高くなる傾向があることは知られています。高く売れるタイミングを見極めることも大切なことなんです。