MENU

仙台で中古車の需要が増える時期

車にも様々なタイプがあります。燃費がよくて小回りが利く軽四やコンパクトカー、最近はエコカーが人気で、ハイブリット車の中古も仙台市内では市場にかなり出回っています。
キャンプや雪国仙台でも大活躍する四輪駆動車。

 

車は年間を通して需要が同じでなく、仙台ではある時期になると一気に需要が増えていく傾向があります。
3月の卒業シーズンになると就職のために車を購入する人が増えます。この時期によく売れるのが軽四やコンパクトカーです。
なのでこのタイプの車を売りに出すのであれば1月2月に手放せば高く査定がつけられる可能性が大です。
それと4WD車であれば雪が降る前に需要が増えますので、秋ごろに手放すのがより高い査定額をゲットできるコツです。

 

中古車の相場は、その車の人気によって左右される傾向があります。なので人気がある車種であれば相場も高くなります。
ただこの相場も数か月同じということはなく日々変化しているんです。1か月先のこの車がどれくらいの相場になっているかということもなかなか予測しづらいんだそうです。
そこで査定をする側としても、1か月先に売却する顧客よりも、今すぐに売ってくれる車の方により高い査定をすることができます。
なので、査定してもらうときは数週間先とか売りますというのではなく、納得いく金額であれば今すぐにでも売る気持ちで交渉に臨むことで、愛車を高く買い取ってもらえます。

 

それともう一つは、モデルチェンジ前に手放すこと、これもより高く買い取ってもらうための秘策です。
今までの例で行きますとモデルチェンジ後の新しい車は、よく売れます。その時に今までに乗っていた旧型のものを新しいものに乗り換えるユーザーが多くいるので、旧型モデルが中古車市場にあふれてしまうんです。なのでその車の相場は低くなってしまいます。
できればモデルチェンジする前に、思い切って手放ししてしまうのが得なこともありますよ。

売る時期を見極める関連ページ

査定でプラスアルファを得るために
車の評価額というのは、査定士さんがいくつかの項目をチェックして其れに基づいてマイナスしたりプラスしたりしながら買取額が決めれれます。査定のプラスになる事は何でしょうか。