MENU

査定のマイナス評価を防ぐために

愛車の売却を考えていて、自分の車がどれくらいの価値があるのを知りたければ仙台の業者に依頼して査定をしてもらう必要があります。
その時に車の査定をする人たちのことを査定士と呼んでいます。
査定士は仙台でも年間数百台もの車を査定するのが普通なのでその道のプロなんです。
少しでもいい査定にしてもらいたいからと考えて、誤魔化したりうそをついたりしても査定士にはすぐに見破られてしまいます。
そうなるとこの人は信用できない人物だと思われてしまうので、より厳しい査定を行われて結局は通常よりも安い査定額にされてしまう可能性があるので、誤魔化しはしないでくださいね。

 

では査定ではどんなところをチェックされるのでしょうか?
まずは誰でも知っていることだと思いますが、その車の車種や年式、そして走行距離、グレードなどです。
その他にボディのキズやへこみなどもチェックされます。それと事故車であったかどうかいわゆる修復歴というものですね。.
ここで事故車であることを隠そうとしても、査定士に掛かればすぐに見分けられます。
なのでここでも正直に話すことが大切ですね。
そしてナビやオーディオなどの装備品など最近はどの車をこれらの装備は標準になっているのでついているだけでは査定のアップにはつながりません。
むしろどんなナビが付いているかが査定額を決める分かれ目になってきます。

 

その他にも細かいチェックポイントはたくさんあって、例えば鍵穴やドアノブ周辺のキズなんかも調べられます。
内装の状態はもちろんフロアーマットやトランクルームの汚れや入念にチェックされます。
こういったものであれば事前に自分である程度きれいにできるものなので、車を売ると決めたらできるだけ内装も自分でクリーニングをしておくことで査定額をアップにつながります。

査定に影響する車のチェックポイントは関連ページ

高く売るためにも車はきれいにしておきましょう
札幌の業者に車を買取してもらうときに、できるだけ愛車を高く査定してもらいたいですよね。査定額をアップさせるためには内部や外部をキレイにしておくことも必要ですね。