MENU

車買取オークションで売り買いする際の注意点

近年はインターネットのオークションでも車の売買が行われるようになってきました。
オークションのメリットは買取業者や中古車販売店を通して売り買いするのに比べて、個人対個人の取引になるので中間マージンがない分売り手にとってはより高く、買い手にとってはより安く車の売買ができるところです。
そのようなメリットがあるオークションですが手軽で誰もが利用できる反面、トラブルにも十分な注意が必要です。

 

まずは車の売買ですから、かなりの高額な落札価格が予想されますから、車の受け渡しの方法と代金の受け取りあるいは支払方法についてもしっかりと取り決めをして間違いがないようにしましょう。
ネットオークションで車を売る場合にも様々な書類上の手続きをしなければなりません。もし変更手続きをしなければ自動車税など所有者側に支払いの義務が生じます。そういった意味からも手続きは抜かりなく行うようにしてください。
万が一譲渡した後に故障などが起こってしまった場合はどうするのかも明確に決めておき当事者同士できちんと約束事を決めておきましょう。
ネットオークションは基本的に個人対個人のしかも素人同士の契約ごとになりますから、様々なトラブルや問題が発生するリスクもあるということを肝に銘じておきましょう。

 

そんなことを考えるのなら、できるだけ買取専門業者で車の買取をしてもらったり、車の購入は中古車販売を利用するのが素人である私たちにとっては安心できる取引になると思います。

 

契約キャンセルの連絡

業者と売買契約を結んでから、万が一業者側からやっぱり契約を解除したいと連絡が入るケースがあるかもしれません。
ほとんどの場合そんなことはないと考えるでしょうが、ごくまれにそういった事態になるケースが実際にあるのです。
契約解除となる理由として車を買取業者に引き渡したと後に、売った車の走行メーターの巻き戻しや修復歴がないということで契約したのにもかかわらず修復歴があることが判明したというようなケースです。
もしそういったことが身に覚えがないのであれば、すんなりと業者側の言いなりになることはしないでください。
そうすることで損をしてしまうことになるからです。
まずは第一にすることは、業者側に証拠となる書類を提出してもらいましょう。今回買取業者に売り渡した車が中古車販売店にて購入したのであれば、購入した販売店に証拠書類を提出してそういったことを知らせらないままに購入したということでクレームを出すことができます。
仮に買取業者から証拠となる書類がないと言われたら契約解除に応じないことを伝えましょう。
気の弱い人であればちょっとできないと思われるかもしれませんが、こちらが身に覚えのないことで契約を解除されるということならば当然の行為です。

 

がしかし、査定で嘘の申告をしていたとしたらこれはもう潔く認めるしか方法はありません。

 

ここに挙げたのは一例であり、実際には様々なトラブルが発生しますし、すべて内容も違ってきますから、ここでの対応は参考程度として専門家や身の回りにそういった知識を持っている方がいればまずは相談してみましょう。